教職員の方へ : 目次

利用案内 [ 開館時間利用について貸出・返却・学内便貸出延長・予約資料のコピー図書館利用証についてマイライブラリ | 施設の利用 ]

他大学図書館の利用(相互利用) [ 直接利用|雑誌論文のコピーや図書の取り寄せ ]

図書資料の購入 [ 図書 | 雑誌 ]

研究室資料の返却等(退職・転任時等)

利用案内

開館時間

月曜日~金曜日 9:00~22:00 (休業期間中は9:00~17:00)

土曜日・日曜日 10:00~17:00 (休業期間中は夏季のみ開館)

休館日:
国民の祝日/本学創立記念日 (10月18日)/年末年始/入試実施日
臨時に休館する場合は掲示やホームページ等でお知らせします。


利用について

入館の際には職員証が必要です。職員証を入館ゲートにかざしてご入館ください。
職員証をお持ちでない、もしくは、お忘れの場合はカウンターにお申し出ください。
なお、職員証をお持ちでない方は「図書館利用証について」をご覧ください。

館内の閲覧は自由です。
閲覧、コピーのため館内で利用した資料は元の位置に戻してください。

● 閉架の資料の利用について

以下の場所にある資料は職員が出納、または鍵をお貸しします。
ご利用の際はカウンターまでお申し出ください(平日9:00~17:00)。

  • ・ 2F電動書庫 ※鍵をお貸しします
  • ・ 2F教育実践資料室(DVD資料、修士論文、一部教科書)
  • ・ 2F貴重資料室 ※利用には事前の申請が必要です

● 研究室貸出資料の利用について

所在が図書館以外にある資料(「○○センター」「(専攻名)・(先生のお名前)」など)の利用を希望される場合は、図書館カウンターまでご相談ください。

※ 利用上の注意点

  • ・ 貸出資料は、他人に又貸しすることを禁じます。
  • ・ 館内は禁煙です。携帯電話の利用や飲食等は、利用ルールを守り、決められたスペースでご利用ください。
  • ・ 所持品は各自の責任で保持し、退館の際は忘れ物のないようご注意ください。


貸出・返却・学内便貸出

● 貸出

図書の貸出には職員証または利用証が必要です。カウンターの向かいにある「図書自動貸出装置」で貸出手続きを行ってください。または、貸出を希望する図書に職員証を添えてカウンターにお持ちください。

● 貸出冊数・期間

利用者別 冊数 期間 延長回数
学部学生 10冊 2週間 4回
大学院生、名誉教授 20冊 1か月 2回
教職員(非常勤講師、研究員を含む) 20冊 1か月 2回
研究生、科目等履修生、特別聴講学生、学外の方 5冊 2週間 1回


対象資料は図書・製本雑誌です。
未製本雑誌は、上記冊数内で3日間貸出可です(学内者のみ)。※最新号は除く。
最新検定の教科書は、1冊翌日まで貸出可です(学内者のみ)。※カバー付き(禁帯出資料)は除く。

※次の資料は原則として貸出できません。

  • ・ 貴重図書
  • ・ 参考図書(辞典、事典、年鑑、白書、ハンドブックなど)
  • ・ 視聴覚資料 (CD、DVD、LD、ビデオなど)
  • ・ 新着雑誌(最新号のみ)
  • ・ 修士論文・点字図書などの特殊資料

● 返却

返却する図書をカウンターにお持ちください。
閉館時は図書館正面入口に設置してあるブックポストに入れて下さい。

※貸出資料を紛失、あるいは甚だしく損傷した場合は、同一資料で弁償していただきます。

● 附属校園向け学内便貸出

附属校園の教職員向けに、学内便による図書の貸出返却サービスを行っています。貸出冊数・期間は通常の20冊・1か月までです。専用のケースに入れて学内便でお届けしますので、返却の際も同じケースに入れて学内便にて図書館にお返しください。

申込み方法

必要事項「利用者氏名、利用者所属、書名、(以下分かる場合、著者名、出版社、資料ID)」を明記の上、メールまたはFAXにて下記宛にお申込みください。

情報サービス係
e-mail:unyo★adm.miyakyo-u.ac.jp(★は半角のアットマークに直してください)
FAX:022-214-3351


延長・予約

● 延長

貸出中の資料を引続き利用したい場合は、予約者がいない場合に限り貸出期間の延長ができます。
返却期限日までに「マイライブラリ(借用中の資料>貸出期間の延長)」またはカウンター、自動貸出装置で延長手続きをしてください。

● 予約

利用したい資料が貸出中の場合は、「マイライブラリ(蔵書検索>検索結果から予約)」から予約をすることができます。
またはカウンターにてお申し込みください。


資料のコピー

図書館所蔵資料は、利用者が調査研究を目的として私的に利用する場合に限り、資料の一部分を館内のコピー機で複写することができます。
複写の際は、コピー機横にある「文献複写申込書」に必要事項をご記入の上、設置されているボックスに投函してください。

コピー機は、1Fに1台(白黒のみ。コイン式)、2Fに1台(カラ―対応。コイン・プリペイド式)、設置しています。
料金…モノクロ1枚10円、カラ―1枚50円

● 国立国会図書館「デジタル化資料送信サービス」の利用

国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等で入手困難な資料を、国会図書館から承認を受けた図書館の指定の端末で画像の閲覧ができ、複写申込ができるサービスです。対象は「国立国会図書館デジタルコレクション」の図書館送信限定の資料 138万点(平成27年1月現在)

利用できる資料の詳細: http://www.ndl.go.jp/jp/service/digital/index.html

利用は、図書館カウンターにお申し出ください。著作権法の範囲内で、複写の申込ができます。翌日以降のお渡しになる場合があります。
料金…モノクロ1枚20円、カラ―1枚40円(公費での利用もできます)

● 公費でコピーをする場合

カウンターまでお申し出ください。事務室内のコピー機をご利用いただけます。
コピー機横にある「文献複写申込書」に必要事項をご記入の上、カウンターまでご提出ください。支払いは四半期振替で処理します。
料金…白黒1枚20円、カラー1枚40円


図書館利用証について

職員証が図書館の利用証になっており、入館・貸出の際に必要となります。職員証をお持ちでない方は、担当部局で発行を受けてください。名誉教授、非常勤講師、研究員の方は図書館カウンターにお申し出の上、下記の手続きを行ってください。

● 必要書類

  • ・ 図書館利用申込書(WordPDF
  • ・ 身分証明書

● 登録のお申込み

「図書館利用申込書」に必要事項を記入し、カウンターに提出してください。申込当日から図書の貸出が可能です。

● 更新の手続き

教職員・名誉教授には有効期限はありません。
非常勤講師・研究員の有効期限は発行年の年度末までです。翌年度も在籍し利用を希望されるときは、有効期限日前に更新の手続きをお願いします。「図書館利用申込書」に必要事項をご記入の上、カウンターに提出してください。


マイライブラリ

Webから貸出履歴の確認や、資料の取寄せの申し込みなどができます。
非常勤講師・研究員の方は、担当教員を通して大学アカウントを取得し、図書館にお知らせください。

● ログイン方法

マイライブラリ」をクリックし、利用者IDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてください。
※利用者IDとパスワードは、メールのID、パスワードと同じです。

● メニュー

お知らせ

図書館からの連絡事項や資料の延滞などの情報が表示されます。

新着情報

指定した条件に当てはまる資料が新しく図書館に入った時にその情報が表示されます。

借用中の資料

宮教大および他機関から借りている資料の情報が表示されます。貸出期間の延長もできます。

入手待ち資料

予約や購入・文献複写など図書館に依頼した情報が表示されます。

新規申し込み

文献複写、資料借用、図書購入の申し込みができます。

ブックマーク

検索した結果をブックマークに保存し、リストに名前を付けて管理できます。

履歴

自分が過去に借りた本の履歴が確認できます。

情報

図書館施設の予約ができます。

個人設定

大学のメールアドレス以外に、よく使うアドレスを自分で登録・変更できます。
また、画面や蔵書検索結果順などの設定をすることもできます。


施設の利用

以下の館内施設は、マイライブラリ内の施設予約システムにより予約をすることができます。
ただし、授業等のために半期や通年での利用を希望される場合は「図書館施設利用申込書」(WordPDF) をカウンターにご提出ください。

・スパイラル・ラボ
・教育実践資料室
・セミナールーム(1F・2F)

ライブラリ・カフェの展示スペース利用は「展示場使用願」(WordPDF) をカウンターにご提出ください。 その他、何かありましたらカウンターにお問い合わせください。

先頭に戻る

他大学図書館の利用(相互利用)

学習・研究を進める上で必要とする資料が学内にないときには、他大学の図書館等を利用することもできます。

直接利用

他大学の図書館へ直接訪問して、資料の閲覧や複写をすることができます。
図書館により利用条件が異なりますので、事前に各館のホームページ等で確認してください。
紹介状の発行が必要な場合は、訪問希望日の1週間前までにカウンターにお越しの上、「他大学(機関)利用申込書」に必要事項をご記入ください。

● 国立大学図書館の利用

基本的に職員証の提示で直接訪問し、利用することができます。
紹介状が必要な場合もあります。

● 国立大学以外の図書館の利用

紹介状が必要な場合があります。


雑誌論文のコピーや図書の取り寄せ(文献複写・現物貸借)

学内に所蔵していない資料は、他大学の図書館から取り寄せることができます。

● コピーの取寄せ(文献複写)

雑誌などに掲載されている論文や記事のコピーを取り寄せる場合は、コピー料金と郵送料が自己負担となります。
※著作権法上、複写範囲に制限があります。

  • ・ 金額…複写料(1枚35円~50円程度)+郵送料(140円程度)。
      ※複写料は依頼先により異なります。
      ※依頼先が東北大学の場合、郵送料はかかりません。
  • ・ 所要日数…1週間程度。到着後メールでお知らせします。

● 図書の取寄せ(現物貸借)

図書そのものを取り寄せる場合は、往復分の送料が自己負担となります。
※対象は「図書」のみで、雑誌の取り寄せはできません。

  • ・ 金額…往復分の送料(平均1500円程度)。重さにより異なります。
      ※依頼先が東北大学の場合、送料はかかりません。
  • ・ 所要日数…1週間程度。到着後メールでお知らせします。
  • ・ 貸出期間…平均2~3週間。依頼先により異なります。

<申し込み方法>

web上の図書館サービス「マイライブラリ(新規申し込み>文献の複写/資料の借用)」から申し込みができます。
カウンターで申し込むこともできます。各書式に必要事項をご記入の上、カウンターに提出してください。

※支払い方法について

教員研究費等での支払いは四半期振替となりますが、科研費は処理が異なります。詳しくは、情報サービス係までお問い合わせください。

先頭に戻る

図書資料の購入

図書資料購入マニュアル(令和3年4月版) (学内限定)


図書の購入

● 研究室図書の購入

研究室図書の購入希望は「マイライブラリ(新規申し込み>図書の購入)」からお申込みいただくか、t-order★adm.miyakyo-u.ac.jp宛に購入依頼書をお送りください。
※★は半角のアットマークに直してください

電子書籍の購入を希望する場合は、事前にご相談ください。

● 図書館への推薦

毎年、シラバス掲載図書は購入しております。それとは別に、図書館に所蔵する資料の推薦を教員の皆さまにお願いしております。ご案内の際に書式をお送りしますので、ご協力をお願いいたします。

お申込み・お問い合わせ先

学術情報管理係
TEL:内線 3347
e-mail:tosho-kanri★adm.miyakyo-u.ac.jp 
※★は半角のアットマークに直してください


雑誌購入

年に一度、翌年度の雑誌購読希望(継続・中止・新規)調査を行っております。

新規購読については、随時受け付けております。「雑誌購読申込書(新規)」(Excel)に必要事項をご記入の上、カウンターにご提出ください(雑誌により購読開始時期等、ご希望に添えない場合があります)。
詳しくは、学術情報管理係(内線5210)までお問い合わせください。

先頭に戻る

研究室資料の返却(退職・転任時等)

研究室資料(図書・雑誌)の返却は随時受け付けています。
特に退職・転任される際は、必ず返却してください。
返却対象となる資料については以下をご参照ください。

図書・雑誌の処分に関する取り扱いについて

返却の際は、事前に情報サービス係(内線3350)までご連絡の上、図書館カウンターまでお持ちください。後任や他の教員等に引き継ぎをする場合や、研究室資料のリストが必要な場合もご連絡ください。

先頭に戻る

マイライブラリ

* ログインID、パスワードは
メールのID、パスワードと同じです

  • 宮城教育大学附属図書館について
  • 宮城教育大学機関リポジトリ
  • 刊行物
  • 展示
  • 教科書を調べたい
  • 宮城教育大学ホームページ